更年期でだるい、と感じる女性が使うべきサプリとは?

更年期障害でだるい、つらいという日々を送っている
・突然の動悸・息切れに悩まされている
・急激に食欲不振が進んでいる
・もっと多くの症状が出るのではないかと不安
・不安が強すぎて夜眠れない
・夜眠れない代わりに昼間の眠気がひどい

こういった更年期障害の症状に悩まされている女性向けに作られたサプリメントです。



サプリ詳細はこちらをクリック ⇒ 更年期対策サプリメント

 

このサプリを使わない方が良い人

基本的にこのサプリメントは更年期障害で悩んでいる女性向けに作られていますので、

・更年期障害かどうかよくわからない
・だるさに悩まされているけど男性

というのであれば他の方法を使って症状の改善に取り組んだほうが良いでしょう。

 
もちろん更年期障害かどうかよくわからない状態だというのであれば病院で診察を受けるなどして自分の状態を把握するのが最優先ですし、その結果更年期障害だというのであればここで紹介しているサプリを使うというのが正しい手順です。

40歳・50歳になって何となくだるかったりやる気が出なかったり・・・というだけで更年期障害だと決めつけてしまうのはちょっと考えものですね。

 
診断について一番良いのはもちろん病院で診察を受けることですけど、病院には行きたくないとか子育てや仕事が忙しくてそんな暇がないという女性も多いですよね。

できるだけ病院での血液検査などを元に診断を受けたほうが良いのですが、どうしてもというのであれば先にサプリを使ってみるのもしょうがないですかね。

特に副作用等が出るというわけでもないので、この場合は「だるい症状に効果が出たらラッキー!」という感じになってしまいますが。

このサプリを使ったほうが良い人

・すでに更年期障害によるだるさだとわかっている人
・生活習慣の改善なんてやってられない!という人
・今から何かやりたいことがある人

すでに更年期障害によるだるさだとわかっている人

すでに病院で診察や血液検査を受けて更年期障害だとわかっているのであればサプリを使っても良いでしょう。

もちろん、病院で指示された改善策を試してみてそちらで効果が十分上がっているというのであれば無理して使う必要はありません。

ただ・・・↓(続く)

生活習慣の改善なんてやってられない!という人

病院とかで生活習慣や食生活の改善について指示されたり指導を受けたりしても、実際の所は面倒くさくてやってられない!ということが多いのではないでしょうか?

仕事は忙しいし、家事も忙しいし、子育ても大変だし、人によっては親の介護とかも入ってくる年代です。

そんな生活の中で更年期障害の対策のために食事制限をしたり生活習慣の改善をしたりするっていうのは非常にしんどいですから。

今から何かやりたいことがある人

これは重要ですね。

大抵の女性は更年期障害で日々悩んでいたとしても、特に対策を取ることなく時間が過ぎるのを待って何とかやり過ごそうとしています。

しかし、今後の人生で何かやりたいことがある・達成したいことがあるというのであれば、毎日だるいとか気分が重いとかっていうのは何とか解消しなければいけませんよね。

ここで紹介しているサプリメントは、更年期によるだるさを改善するというのを目的として飲むよりも、その先の「今からやりたいこと」を達成するのを目的にして飲んだほうがいいかもしれませんね!

使用上の注意点

このサプリメントを使用するときの注意点ですが、

・たくさんの量を飲み過ぎない

何とかして早く治したいという気持ちは誰にでもあるものなんですが、だからと言って決められた量よりたくさん飲んだ所で早くだるさや重い気分が改善されるというわけではありません。

体の中から少しずつ悪い状態を解消していくわけですから、毎日飲む量をちゃんと守って効果が出るのを待ちましょう。

・強い力で握らない

これは割とどうでもいいことなんですけど、このサプリは錠剤になって袋に入っています。

ただ、その錠剤にする時に余計な成分を使わず圧力だけで固めているらしくて、ちょっと強く力を入れてしまうと欠けてしまうので注意してください。

更年期障害の基本的な知識

さて、ここからは最近更年期障害の症状が出始めたのでどうしたら良いのかもよくわからない・・・という女性のために解説をしていきます。

症状は個人差が非常に大きい

妊娠中の変化と同じように、更年期障害というのは出てくる症状に個人差が非常に大きいものとなっています。

妊娠中であれば悪阻がひどすぎて全く食事を摂れない人もいれば全然悪阻に縁がないという人もいますし、体重の増減だって人それぞれですよね。

 
これと同様、更年期障害では人によってだるかったり、のぼせの症状が出たり、発汗がひどくなったり、頭痛がひどかったりと違う症状が出るわけです。

もちろん症状は1つだけということはなく複数の症状が出てしまう人がほとんどですし、同じ症状であってもその軽重がだいぶ違うということもしばしばです。

更年期障害になってしまう原因とは?

閉経にともなってエストロゲン(女性ホルモン)が急に減少してしまうことが主な原因です。

女性の体の中ではこのエストロゲンが減少すると、体内で今まで正常に働いていた機能がうまく行かなくなってしまうんですね。

 
さらに、私達の脳は「エストロゲンが減少したために体の機能が落ちているのでもっとエストロゲンを出さなきゃ!」という判断を勝手にしてしまいます。

しかし、閉経によってエストロゲンはうまく分泌できなくなっていますし、脳は不要な興奮をしてしまっているということでさらに別の部分(特に自律神経)に悪影響を及ぼしてしまうんです。

 
こうなると女性の体は様々な変調にうまく対応できず、ここまで書いてきたような多くの不調に悩まされるということになってしまいます。

最近は20代の若い女性にも増えている

更年期障害は、通常閉経の時期を迎えた40代から50代の女性に多く見られる症状なのですが、最近では20代や30代の若い女性でも同じような症状(だるさとかめまいとか)に悩まされている人が増えてきています。

通常の更年期障害はエストロゲン(女性ホルモン)の減少によって発生しているわけですが、若い女性に見られる同じような症状の原因も女性ホルモンが大きく影響していると考えられています。

 
特にこの世代で女性ホルモンの減少やアンバランスさを生み出しているものとしては、

・無理なダイエット
・不規則な生活
・仕事や家庭でのストレス
・日常的な冷え

こういったものが挙げられています。注目して欲しいのは、だるさやめまいなど体の変調だけではなく不妊の症状に繋がりそうなものが多いということですね。

病院で行われる主な治療方法は?

だるさやめまいなど体の変調を訴えて病院に行った時に行われる主な治療としては、やはり女性ホルモンのバランスを取るというやり方がメインになります。

基本的には閉経によって減少してしまったエストロゲンを補充するということになります。

 
エストロゲンを補充することができればホルモンの減少によって直接発生していただるさ・めまい・関節痛・イライラ感などの解消が期待できます。

また、体内にエストロゲンが少ないということで脳が出していた「エストロゲン分泌」の指令も弱くなりますからそれによって起きていた自立神経系の不調も良化するというわけです。

エストロゲンの補充については飲み薬または貼り薬によって行われます。

 
ホルモン補充療法については副作用が出るなどの可能性もありますので、人によっては(病院によっては)漢方治療を選択するということもありますね。

こちらは女性ホルモン自体を体内で増やすことができませんから、漢方薬を使いながらエストロゲンの減少した体を慣らしていくことがメイン目的になっています。

精神的なケアも実は重要

世間的にはあまり知られていないことですけど、更年期障害の治療においては精神的なケアを考えるということも結構効果の高い治療だとされています。

だるさやめまいなどの身体的な症状だけではなく、イライラ感や欝などの精神的な症状が出てくる女性も多いためですね。

病院の精神科だったりメンタルケアの専門家だったり、相談できる場所があるなら一度相談に行ってみるというのもいいかもしれません。

治療方法について話を聞くというよりも、今の悩みや考えていることなどを全部ぶちまけることで気持ちが非常に楽になるという人もいるようですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ